コスメへの恋心ぶちまけたい

35歳が語る、お気に入りのコスメについてのコラムだったり

マスカラはランコム or ヘレナ、どっち派?!

まずは長年ライン使いしている基礎化粧品について、順番に語っていこうと思ってたんですが…

それだとアルビオンの回し者だと思われるかもしれないので。笑

いろいろ間に織り交ぜながら、ちょこちょこやっていきたいと思います。

 

で、いきなりマスカラ!!

化粧水の次がマスカラってどうなのよ…って気もしますが。

 

今やマスカラはプチプラ全盛期とでもいいましょうか…。

つい10年前なんかと比べると、安くて質の良い品がたくさーん ♪

“塗るつけまつ毛” とかね。発売された時の衝撃ったらなかったわ。

でも35歳の私からすると、やっぱりマスカラといえば外資系ブランドは外せなくて。

その中でも特に、タイトルの2大ブランドは時代が移り変わっても輝き続け、

ベストコスメ常連は当たり前。その進化たるや、とどまることを知りません。

 

さてさて、結論から言いますと、現在私は断然ランコム派!!

ランコム ヴィルトゥーズ ドールアイ

f:id:itsmeyucco:20170530134224j:plain

 

f:id:itsmeyucco:20170530134321j:plain

スッスッと塗るだけで、下地なしでも長く綺麗な漆黒のまつ毛になれちゃいます。

ダマにもならず、まつげクルン♪ のまさにドールアイ。

 

でも実は、ランコムを愛用し始めたのは、ここ3~4年くらいのこと。

それまではずーっと、10年以上ヘレナのマスカラを愛用していたんです。

ちなみに、最後に愛用していたのがこちら。

ヘレナ ルビンスタイン ラッシュ クイーン セクシーブラック WP

f:id:itsmeyucco:20170530134604j:plain

f:id:itsmeyucco:20170530134634j:plain

 今見ても大好きな、この美しいデザイン。

ゴールドに黒のレースなんて、ポーチに入ってるだけでテンション上がります。

このマスカラはとにかくひと塗りでボリュームがっちり!!

だけどわざとらしくない、繊細な仕上がりがお気に入りでした…。

 

じゃあなぜ、10年以上も愛用していたのに、ヘレナからランコム派になったの?

一番大きな要因がこちらです。

パンダ目問題(*_*)

そう、私は長年ヘレナのマスカラをリピートしながらも、

この問題にだけはずっと悩まされ続けていたのです。

つけた時にはバッチリ ♪ なのに、数時間後に鏡を見ると、

目の下はまるで寝不足のクマみたいに真っ黒…お約束のパンダ状態。

もう自分がクマなのかパンダなのかもわかりません。

コンタクトじゃないのに…目薬だってささないのに…なぜ??

しかもこのパンダ、さすがのウォータープルーフだけあって、

ちょっとやそっとのメイク直しじゃ落ちないんですよね。

なので一時は、RMKのクレンジングが含まれた綿棒を携帯していました。

 

でもこれは決してヘレナのマスカラが悪いわけではないんですよね。

原因は私の瞳の形、まつ毛の生え方、まばたきの回数等々…。

単純に言えば、自分には合っていなかった、それだけ。

でもパンダ目を我慢してでも使い続ける魅力が、ヘレナのマスカラにはありました。

それにもう10年以上愛用してたものだから、私はヘレナ派!って強い気持ちもあったし。

 

でも転機はある日突然やってました。

会社でのお昼休み、一緒に休憩してたのは、いつも瞳が印象的な少し年上の女性。

当然私は聞きました。「〇〇さん、どこのマスカラ使ってるんですか?」

するとその女性は、ランコム愛用者であることをサラリと述べ、こう付け加えたんです。

「私はヘレナはどうしても、目の下についてパンダになっちゃううんだよねー。

でもランコムだとならないから、オススメだよ」…と。

お、同じ人がいた…私だけじゃなかった!!

翌日、ランコムのカウンターにマスカラを買いに走ったのは言うまでもありません。

 

そして、もう二度とランコムから離れられない、もうひとつの理由。

お湯で簡単に落ちる…!!!

今まではウォータープルーフを使っていた故、クレンジングでも非常に落ちにくく、

マスカラリムーバーを塗布→さらにオイルクレンジング…という、

とてもめんどうくさい、尚且つまつ毛への負担も大きいであろう工程を毎日行っていました。

それがどうよ!!お湯でバシャバシャっとしただけで、するんと落ちるって!!

もう踊りだしたいくらいの楽ちんさ…。

 

そんなわけで、すっかりランコム派となった私なのでした。

結局、ウォータープルーフが合わなかったんだろうなー、と今となっては思います。

もしパンダ目やクレンジングに悩んでいる方の、ご参考になれば幸いです。

ただ現在はヘレナからも、お湯で落ちるタイプのマスカラが出ているみたいなので、

機会があれば使ってみたいです。

 

あと余談ですが、歳を重ねるにつれて、なりたいまつ毛のイメージがかなり変わりました。

20代の頃はとにかくマスカラ命、カール命で、まつ毛パーマかけてたこともあったし、

少しでも下がってたら許せん!とばかりにホットビューラーを常に持ち歩き、

まつ毛を上向きにすることに必死でした。

それが30代になってから、私の瞳や顔の雰囲気には、クルンとカールしたまつ毛よりも、

下向きに流れるまつ毛の方が合っているのでは…?と考えが一変。

今の理想は目を伏せた時に美しくセパレートした、すだれのようなまつ毛。

部分用ビューラーで目頭側のみ自然にカールさせるだけで、あとは基本下へ下へ流し塗りしています。

ちなみに、下まつ毛にマスカラは塗りません。

 

もっと言っちゃうと、マスカラしない日も多々あったりなんかして…。笑

でもそれが顔全体を見た時に、ほど良い抜け感を出してくれたりして。

アイメイクにマスカラは欠かせない!と思ってたあの頃は何だったのか…。

でも30歳過ぎたら、そうやって自分のメイクを見直すのって

すごく大事なことなんじゃないかな、って思います。

35歳で、重ねすぎたボテボテひじきまつ毛や、真っ黒の囲み目ギャルメイク…

想像しただけで痛い、痛すぎます。

 

何が必要なのか、逆に何が自分を重たく見せてるのか…

気付けたら、もっとメイクは楽しくなる!!そう実感しています。